目次

  1. 前置き
  2. Live Image を利用する方法
    1. Live Image をダウンロードする
    2. Live Image から起動する
    3. X Window System を動かしてみる
    4. 終了する
  3. 自分でインストールする方法
    1. インストールディスクをダウンロードする
    2. ハードディスクイメージの新規作成
    3. インストールディスクから起動する
    4. インストール手順
    5. NetBSD/x68k を起動する
    6. X Window System を動かしてみる
    7. 終了する

1. 前置き

XEiJ にはイーサネットボードがありません。すなわち XEiJ で NetBSD/x68k を動かしてもネットワークに繋がりません。仮に実装済みの範囲に不具合がなかったとしても、できることは限られています。これは「Human68k よりもエミュレーションの難易度が高い NetBSD/x68k が XEiJ でどこまで動くか試してみた」というだけの話です。

XEiJ で NetBSD/x68k を動かす方法は 2 通りあります。

2. Live Image を利用する方法

公開されている Live Image (インストール済みハードディスクイメージ) から起動するだけです。

2.1. Live Image をダウンロードする

Izumi Tsutsui さん が NetBSD/x68k-7.0 の Live Image を公開されています。

NetBSD-x68k-7.0-img.hds.gz (197MB) または NetBSD-x68k-7.0-img.zip (198MB) のどちらかをダウンロードして NetBSD-x68k-7.0-img.hds (1GB) を取り出します。

2.2. Live Image から起動する

  1. 060turbo モードに切り替えます。MPU → 機種を変更してリセット → 060turbo (50MHz)
  2. FC2 ピンをカットします。MPU → FC2 ピンをカットする
  3. NetBSD-x68k-7.0-img.hds から再起動します。ファイル → SCSI → 0 接続する、開く、NetBSD-x68k-7.0-img.hds、ここから再起動

コマンドライン

>java -jar XEiJ.jar -boot=NetBSD-x68k-7.0-img.hds -cutfc2pin=on -model=060turbo

ログインプロンプトが出たら root でログインします。

login: root

2.3. X Window System を動かしてみる

初回はデフォルトの設定をコピーします。

# cp /etc/X11/xinit/xinitrc ~/.xinitrc

X Window System を起動します。

# xinit

マウスカーソルが表示されたら F12 キーを押すかホイールクリックで エクスクルーシブマウスモード に切り替えて操作します。

netbsd1.png

2.4. 終了する

NetBSD/x68k を終了するときは shutdown -h now を実行します。

# shutdown -h now

System halted. Hit any key to reboot. と表示されるまで待ってからエミュレータを終了します。

3. 自分でインストールする方法

新規作成した SCSI ハードディスクのイメージファイルに NetBSD/x68k をインストールします。

NetBSD-7.0 にあった xterm の問題は NetBSD-7.0.1 で解消されました。

3.1. インストールディスクをダウンロードする

NetBSD-7.0.1-x68k.iso (188MB) をダウンロードします。

3.2. ハードディスクイメージの新規作成

NetBSD/x68k のインストール先となるハードディスクのイメージファイルを作ります。

  1. ファイル → SCSI → SCSI ハードディスクイメージの新規作成
  2. 以下ではファイル名を NetBSD-7.0.1.hds とします。
  3. 容量は 800MB 以上必要です。以下では 1024MB とします。
  4. セクタサイズはデフォルトの 512 バイトにします。
  5. Human68k 用ではないので領域確保を OFF にします。
  6. フォーマットを開始します。

3.3. インストールディスクから起動する

  1. 060turbo モードに切り替えます。MPU → 機種を変更してリセット → 060turbo (50MHz)
  2. FC2 ピンをカットします。MPU → FC2 ピンをカットする
  3. NetBSD-7.0.1.hds を開きます。ファイル → SCSI → 0 接続する、開く、NetBSD-7.0.1.hds、開く
  4. NetBSD-7.0.1-x68k.iso から再起動します。ファイル → SCSI → 1 接続する、開く、NetBSD-7.0.1-x68k.iso、ここから再起動

コマンドライン

>java -jar XEiJ.jar -boot=sc1 -cutfc2pin=on -model=060turbo -sc0=NetBSD-7.0.1.hds -sc1=NetBSD-7.0.1-x68k.iso

3.4. インストール手順

テキストで表示されるメニューは↑キーと↓キーで選択、Enter キーで確定です。

  1. NetBSD-7.0.1 Install System で作業を選択します。
  2. インストールを開始します。a: Install NetBSD to hard disk
  3. yes or no? はハードディスクを書き換えることになるが続行するか。b: Yes
  4. Available disks でインストール先のハードディスクを選択します。a: sd0 (1.0G, XEiJ Hard Disk)
  5. Choose your installation は既存のパーティションを使うかどうか。a: Set sizes of NetBSD partitions
  6. パーティションの大きさを決めます。デフォルトのままにしておきます。x: Accept partition sizes. Free space 525 MB, 5 free partitions.
  7. swap が 128MB、残り全部が / になります。x: Partition sizes ok
  8. Please enter a name for your NetBSD disk [Hard Disk ]: でインストール先のハードディスクに名前を付けるようです。NetBSD-7.0.1
  9. yes or no? はインストール先のハードディスクに書き込んでよいかどうかの最終確認です。b: Yes
  10. ファイルシステムが構築されます。
  11. Hit enter to continue と表示されたら Enter キーを押します。
  12. Select your distribution でインストール範囲を指示します。全部入れます。a: Full installation
  13. Install from でインストール元を選択します。a: CD-ROM / DVD
  14. インストールが始まります。手元の環境で 23~28 分くらいかかりました。
  15. Hit enter to continue と表示されたら Enter キーを押します。
  16. Configure the additional items as needed. でオプションを選択します。そのままにしておきます。x: Finished configuring
  17. Hit enter to continue と表示されたら Enter キーを押します。
  18. NetBSD-7.0.1 Install System に戻ります。
  19. NetBSD-7.0.1-x68k.iso をイジェクトします。ファイル → SCSI → 1 イジェクトする
  20. 起動デバイスを SCSI 0 にします。設定 → 起動デバイス → SCSI → SCSI 0
  21. 再起動します。d: Reboot the computer

3.5. NetBSD/x68k を起動する

060turbo モードで NetBSD-7.0.1.hds から起動します。

コマンドライン

>java -jar XEiJ.jar -boot=NetBSD-7.0.1.hds -cutfc2pin=on -model=060turbo

初回は Updating fontconfig cache: のところで待たされます。手元の環境で 9~11 分くらいかかりました。

ログインプロンプトが出たら root でログインします。

login: root

3.6. X Window System を動かしてみる

初回はデフォルトの設定をコピーします。

# cp /etc/X11/xinit/xinitrc ~/.xinitrc

X Window System を起動します。

# xinit

マウスカーソルが表示されたら F12 キーを押すかホイールクリックで エクスクルーシブマウスモード に切り替えて操作します。

3.7. 終了する

NetBSD/x68k を終了するときは shutdown -h now を実行します。

# shutdown -h now

System halted. Hit any key to reboot. と表示されるまで待ってからエミュレータを終了します。