← 前のページ | 1 | 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 | 28 | 次のページ →

618. ThroughClockHiroi Makoto  2001年2月20日(火) 22:56

鎌田さん、こんばんは。

日記で紹介された ThroughClock ですが、さっそく

使ってみました。なるほど、これならばディスクトップに

表示していても邪魔になりませんね。便利なだけではなく、

オプションメニューも豊富でとても面白いにょ(笑)。

ではでは。

621. Re: ThroughClockM.Kamada  2001年2月21日(水) 05:08

広井さん、こんにちは。

> 日記で紹介された ThroughClock ですが、さっそく

> 使ってみました。なるほど、これならばディスクトップに

> 表示していても邪魔になりませんね。便利なだけではなく、

> オプションメニューも豊富でとても面白いにょ(笑)。

ThroughClockは、ある意味すごくシンプルなんだけど、

カスタマイズしやすくて使い勝手がいい、そんな感じ。

これを見てDelphiというものに興味を持ったりしています。


614. SCSI-BIOSといえば・・・LeDA 2001年2月19日(月) 10:01

SCSI-BIOSといえば、一応自前でほぼ互換の

SCSIアクセスのルーチンを書いたことが

あるのですが、入出力の処理を

全部DMAでやるのは苦労が多いですね。

READ/WRITEはともかく、メッセージ関係が。

それはそうと、それで思い出したのですが、

InsideX68のSCSIのサンプルプログラムにが

バグが居ます。

p515

dma->cpr=0x08;とある行は0x03が正解です。

CPRに0x08と言う設定はないです。

p68のDMAのサンプルと見比べるとわかります。

巷にあるInsideX68の正誤表にもなかったので。

616. Re: SCSI-BIOSといえば・・・M.Kamada  2001年2月19日(月) 21:10

LeDAさん、こんにちは。

> SCSI-BIOSといえば、一応自前でほぼ互換の

> SCSIアクセスのルーチンを書いたことが

> あるのですが、入出力の処理を

> 全部DMAでやるのは苦労が多いですね。

> READ/WRITEはともかく、メッセージ関係が。

おお、SCSI-BIOSを書けるとは、さすがです。

ほんと、READとWRITEだけで動けば簡単なんですけどねぇ。

それじゃSCSIじゃなくて単なるシリアルポートになっちゃいます。

> それはそうと、それで思い出したのですが、

> InsideX68のSCSIのサンプルプログラムにが

> バグが居ます。

>

> p515

> dma->cpr=0x08;とある行は0x03が正解です。

> CPRに0x08と言う設定はないです。

> p68のDMAのサンプルと見比べるとわかります。

CPR(チャンネルプライオリティレジスタ)は下2ビット以外

0固定だから、0x08は変ですね。

情報ありがとうございます。

617. Re^2: SCSI-BIOSといえば・・・LeDA 2001年2月20日(火) 09:24

> おお、SCSI-BIOSを書けるとは、さすがです。

あっ、いや、100%オリジナルじゃないんですけどね(^_^;)。

InsideX68のサンプルと、SCSI-BIOSの逆アセンブルソースを

参考に、全部Cで書いたものがあります。

FAT32ツールでは使ってませんが、ある実験でSCSIの全エラーを

検出する必要があり、また全ての待ちにおいてタイムアウトを

起こさせる必要から作りました。

(SCSI-BIOSは一部の処理待ちで永久待ちになる可能性が

あります。)

この部分のソースは公開しても問題ないので(どうせ

X68内蔵SCSI専用だから)、希望があれば出します。

もっとも、関数レベルですし、BIOSの全コマンドを

サポートしているわけじゃないのですが。

(全コマンドは発行出来るが、全コマンドと同じエントリはない。

要するに、SCSIコマンドを知ってないとダメ。)

620. Re^3: SCSI-BIOSといえば・・・M.Kamada  2001年2月21日(水) 05:08

LeDAさん、こんにちは。

> あっ、いや、100%オリジナルじゃないんですけどね(^_^;)。

> InsideX68のサンプルと、SCSI-BIOSの逆アセンブルソースを

> 参考に、全部Cで書いたものがあります。

> FAT32ツールでは使ってませんが、ある実験でSCSIの全エラーを

> 検出する必要があり、また全ての待ちにおいてタイムアウトを

> 起こさせる必要から作りました。

> (SCSI-BIOSは一部の処理待ちで永久待ちになる可能性が

> あります。)

タイムアウトは必要ですよね。あまり長いのは嫌だけど。

S44PLAY.Xを作っていたときは、CD-ROMドライブのアクセスが

固まったら、おもむろにキー操作で止めて、SCSIバスリセット

していました。

> この部分のソースは公開しても問題ないので(どうせ

> X68内蔵SCSI専用だから)、希望があれば出します。

> もっとも、関数レベルですし、BIOSの全コマンドを

> サポートしているわけじゃないのですが。

> (全コマンドは発行出来るが、全コマンドと同じエントリはない。

> 要するに、SCSIコマンドを知ってないとダメ。)

SCSI-BIOSのプログラムの例を参考にしたい人はいると思います。

内蔵SCSIとMach-2(p)ではSPCの仕様がだいぶ違うので

SCSI-BIOSが別の物になってしまうところが難点ですね。

内蔵SCSIはMB89352、Mach-2はMB86601、mach2pはMB86604。


612. 色々と…ありまして。はぐれこかとりす  2001年2月18日(日) 11:48

その1.

 「でじこ」は、隠し属性でなので、DVDは買うにょ。

 でも、TVは、放送地区外…。(だから、DVD待ちにょ)

その2.

 バナーを更新しました。パスの方は、変更ありません。

その3.

 【(す)のぺーじ】の掲示板を見たら、懐かしい名前発見。

 おもわず(PCの前で、)小躍りしてしまいました。(笑)

613. Re: 色々と…ありまして。M.Kamada  2001年2月18日(日) 18:38

はぐれこかとりすさん、こんにちは。

> その1.

>  「でじこ」は、隠し属性でなので、DVDは買うにょ。

>  でも、TVは、放送地区外…。(だから、DVD待ちにょ)

隠し属性って…。

世界征服の前に日本全国のテレビ局を征服しなくちゃダメだにょ。

> その2.

>  バナーを更新しました。パスの方は、変更ありません。

フォントが変わって影がつきましたね。

こちらは16日に更新しました。

> その3.

>  【(す)のぺーじ】の掲示板を見たら、懐かしい名前発見。

>  おもわず(PCの前で、)小躍りしてしまいました。(笑)

ほっほっほ。

鉄の大陸、もうすぐかな?


604. mach2pその後iga 2001年2月15日(木) 07:46

こんにちは.igaです.

暇が出来たので,少し動作チェックをしてみました.

メモリ周りに不安がある,という事ですので,違うメモリ(I/O

スロットに挿す2MB)に換えて,mach2pのメモリを無効にしてみた

のですが,やっぱりlx.rが固まりました(一応内蔵2MBはFDに

キャッシュをあててつぶしました).上手く行く事もあって,

電源を入れたてだと大丈夫なような気もします.

強制ソフト転送の件ですが,lx.rでは使ってなさそうですね.

一応ソース覗いておきます.

こうなると一体何がいけないのか本当に判りません.

とりあえず,QuantumのATLASIIが手に入る事になりましたので,

それが来てからもう少し試してみます.

それでは.

606. Re: mach2pその後M.Kamada  2001年2月15日(木) 18:01

igaさん、こんにちは。

> 強制ソフト転送の件ですが,lx.rでは使ってなさそうですね.

> 一応ソース覗いておきます.

>

> こうなると一体何がいけないのか本当に判りません.

lx.rはメモリを目一杯使うことで.lzhファイルを高速展開

するプログラムです。

詳しく調べたわけではないので憶測になりますが、lx.rが

他のプログラムが普段は使わない領域まで使っている

可能性があります。

特定の領域を使うとうまく動作しないということであれば、

lx.rだけ動かないこともあり得ると思います。

607. Re^2: mach2pその後iga 2001年2月15日(木) 18:16

鎌田さん,こんにちは.

> lx.rはメモリを目一杯使うことで.lzhファイルを高速展開

> するプログラムです。

> 詳しく調べたわけではないので憶測になりますが、lx.rが

> 他のプログラムが普段は使わない領域まで使っている

> 可能性があります。

> 特定の領域を使うとうまく動作しないということであれば、

> lx.rだけ動かないこともあり得ると思います。

そういえば,refreshg.xも固まって実行できない事がありました.

fsck.xをATから転送して展開して……というのが面倒だったので,

refreshg.xでFATのチェックだけを行いたかったのですが,1023MB

のパーティションを調べるとなると,メモリを大食いしますね.

確かにメモリの使い方が関係しているかもしれませんね.

# これがリフレッシュ中だったら……

609. Re^3: mach2pその後iga 2001年2月16日(金) 22:23

こんにちは.

QuantumのAtlasIIが届きましたので,早速試してみました.

……

固まらなくなりました!

あっさり直ってしまいました.

mach2(p)とIBMの相性が悪いという話は今回初めて知りましたので,

ここに来なかったらと思うと……本当に助かりました.

ありがとうございました.

610. Re^4: mach2pその後M.Kamada  2001年2月17日(土) 00:26

igaさん、こんにちは。

> QuantumのAtlasIIが届きましたので,早速試してみました.

:

> 固まらなくなりました!

> あっさり直ってしまいました.

おお、それは良かったです。

IBMのHDDで動かなかったmach2pでも動いたHDDの例として

参考になりますので、細かい型番を教えていただけますか?

(QM3xxxxAL-Sxxのような感じだと思います)

611. Re^5: mach2pその後iga 2001年2月17日(土) 15:13

鎌田さん,こんにちは.

> IBMのHDDで動かなかったmach2pでも動いたHDDの例として

> 参考になりますので、細かい型番を教えていただけますか?

> (QM3xxxxAL-Sxxのような感じだと思います)

QM~という表記は見つけられなかったのですが,HN21S391

と書いてありました.商品名はXP32275Sです.AtlasIIの

narrow SCSI,2275MB(1MB=1,000,000bytes)です.

IBMのHDはXVIに入れる事にします.

615. Re^6: mach2pその後M.Kamada  2001年2月19日(月) 21:10

igaさん、こんにちは。

> QM~という表記は見つけられなかったのですが,HN21S391

> と書いてありました.商品名はXP32275Sです.AtlasIIの

> narrow SCSI,2275MB(1MB=1,000,000bytes)です.

ありがとうございます。

Atlas IIっていろいろあるんですね。

XP32275Sというのがキーワードのようです。

これから買う人は参考にしましょう。


602. TV最前線のアレみかぜ。  2001年2月13日(火) 23:50

製作体制のアレですが、私も最初の数分見逃したので、もしかしたらそこに違う情報が含まれているのかもしれませんが、日記の例で言うとその速い赤や凄い黒というのは、監督の頭の中にはそれなりのイメージはあるのでしょうが、この場合は、それが無い、本人がその「速い赤」のイメージが出来ていない状態でスタッフがつくっているという感じがしました。私はこのチームの前作は買ったし非常に気に入っているのですが、それだけに意外という感じがしてます。

603. Re: TV最前線のアレM.Kamada  2001年2月14日(水) 17:49

みかぜさん、こんにちは。

> 日記の例で言うとその速い赤や凄い黒というのは、監督の頭の中にはそれなりのイメージはあるのでしょうが、この場合は、それが無い、本人がその「速い赤」のイメージが出来ていない状態でスタッフがつくっているという感じがしました。

なんと。

スタッフがてきとうに作ってそれを監督が気に入ったら

採用とか?

名前だけ貸しているという解釈もできますが、私は逆に

学生が書いた論文を自分の名前で発表する悪徳教授を

連想してしまいました。


600. 逆ポーランド記法・・・LeDA 2001年2月13日(火) 14:16

逆ポーランド記法といえば、私もインタープリターを

自作したときに勉強しましたっけ。

ASK3のアクセサリで、拙作のASKDen2等にはそれが載ってます。

私が参考にしたのは、I/O別冊の「MZ80活用研究」。

その中にあったHudsonのBASICコンパイラーの解説が

わかりやすかったです。

2本のスタックを使えば楽に処理できます。

今にして思えば、インタープリターでは不要な気もしますが。

(コンパイラー作成には不可欠と思う。)

601. Re: 逆ポーランド記法・・・M.Kamada  2001年2月13日(火) 20:47

LeDAさん、こんにちは。

> 逆ポーランド記法といえば、私もインタープリターを

> 自作したときに勉強しましたっけ。

> ASK3のアクセサリで、拙作のASKDen2等にはそれが載ってます。

フロントエンドプロセッサに電卓機能を持たせたのね。

そういえばASKのアクセサリは私は作ったことがないかも。

> 今にして思えば、インタープリターでは不要な気もしますが。

> (コンパイラー作成には不可欠と思う。)

インタプリタでも、プログラム機能があってループや

関数定義などで1つの式を何度も評価する場合には、

あらかじめ演算子の優先順位を解析しておいたほうが

速く動きます。

「ぺけ-BASIC」はインタプリタですが、プログラムを

ロードした直後にすべての式をポーランド記法

(逆ポーランド記法とは逆の前置式)に変換しておくことで、

式の評価を高速化しています。

フロントエンドプロセッサやコマンドライン電卓で

プログラム機能を持たせない場合は、数式の文字列を

1パスで計算するほうが手っ取り早いです。

HAS060.Xは、整数の式ではシンボルの前方参照や外部参照を

伴うので逆ポーランド記法を使用し、浮動小数点数の式では

前方参照も外部参照も許されないので1パスで計算しています。


598. カウンタHiroi Makoto  2001年2月11日(建国記念の日) 22:48

鎌田さん、こんにちは。

> STUDIO KAMADAのビジット数カウンタが

> 40000を越えました。

おめでとうございます。ドンドンパフパフー!!

もうすぐ 68000 ですね(笑)。

これからも STUDIO KAMADA を楽しみにしています。

がんばってください。

ではでは。

599. Re: カウンタM.Kamada  2001年2月11日(建国記念の日) 23:39

広井さん、こんにちは。

> > 40000を越えました。

>

> おめでとうございます。ドンドンパフパフー!!

> もうすぐ 68000 ですね(笑)。

40000までずいぶんかかったので、すぐというわけには…。

今のペースだと、ちょうど1年で68000くらいではないかと。

> これからも STUDIO KAMADA を楽しみにしています。

> がんばってください。

ありがとうございます。がんばるにょ。


595. 逆ポーランド記法Hiroi Makoto  2001年2月9日(金) 23:19

鎌田さん、こんにちは。

日記で逆ポーランド記法のページを紹介していただき、

ありがとうございます。KT.X の calc の説明、楽しみ

にしています。

ところで、鎌田さんの日記でジオシティーズのメール

サーバーの不調を知りました。お知らせはこまめに

チェックしないといけませんね。それにしても、

ジオシティーズは最近トラブル続きで困ったものです。

それから、電子メールでの恐い話ですが、関連記事を

読んでみると、この問題は2年前からわかっていたよう

です。放置していた企業は本当に困ったものです(怒)。

それではまた。

597. Re: 逆ポーランド記法M.Kamada  2001年2月10日(土) 00:39

広井さん、こんにちは。

> 日記で逆ポーランド記法のページを紹介していただき、

> ありがとうございます。KT.X の calc の説明、楽しみ

> にしています。

やることは逆ポーランド記法と同じ(同じ計算をするの

だから当然)ですが、与えられた式をすぐに計算してよい

ときは、わざわざ逆ポーランド記法に変換しなくても

"(3-7/7)*9"に"18"と答えることができます。そんな話。

電脳倶楽部137号(1999年10月号)に少し書いたのですが、

もっとわかりやすく書けたらいいなぁと思っています。

> ところで、鎌田さんの日記でジオシティーズのメール

> サーバーの不調を知りました。お知らせはこまめに

> チェックしないといけませんね。それにしても、

> ジオシティーズは最近トラブル続きで困ったものです。

Webが直ったと思ったら今度はメール。

困ってしまいますね。

私はジオのお知らせのページをWWWCのリストに入れて

しまっています。しかし、以前サーバが止まっていた

ときは、お知らせのページも応答せず、役立たずでした。

> それから、電子メールでの恐い話ですが、関連記事を

> 読んでみると、この問題は2年前からわかっていたよう

> です。放置していた企業は本当に困ったものです(怒)。

つつけばいくらでもボロが出てきそうな感じです。

WIRED NEWSは怖い話が多いです。


592. 皆さんありがとうございますiga 2001年2月9日(金) 19:14

こんにちは.igaです.

アドバイスありがとうございます.

IBMのHDがmach2(p)と相性が悪いとは,初めて耳にしました.

少し頭が混乱しているのですが,私の場合は,

・使用機種はEXPERTで,拡張メモリ部はmach2p,全メモリバスマスタ

 転送可能であり,バスマスタ転送に設定している.

・ソフト転送,バスマスタ転送とも,固まるときは固まる.

・以前X68030で使用していた(メモリは満開製にて12MB,全メモリ

 バスマスタ転送)が,固まるときは固まるものの,冷やしたら

 固まらなくなったので熱暴走だと思っていた.しかし今回は

 エアコンが故障中で極寒の条件下での話.

という事です.バスマスタでも固まります.

今は忙しく,色んな条件で試すのが難しい状況ですので,もう少し

経ってからまた調べさせて下さい.

と思っていたら,中村さんからお返事が届きまして,

・GENOCIDE2が動作しているHuman v2は動作保証外.

・mach2pの拡張メモリ部は問題が確認されているが,今となっては

 調べる事が出来ない(0x200000~0xBFFFFFにすれば大丈夫,と

 いうような説明書きが入っていたような……).

との事です.

うーん,これからどうしましょう……

593. Re: 皆さんありがとうございますM.Kamada  2001年2月9日(金) 20:22

igaさん、こんにちは。

> 少し頭が混乱しているのですが,私の場合は,

> ・使用機種はEXPERTで,拡張メモリ部はmach2p,全メモリバスマスタ

>  転送可能であり,バスマスタ転送に設定している.

> ・ソフト転送,バスマスタ転送とも,固まるときは固まる.

> ・以前X68030で使用していた(メモリは満開製にて12MB,全メモリ

>  バスマスタ転送)が,固まるときは固まるものの,冷やしたら

>  固まらなくなったので熱暴走だと思っていた.しかし今回は

>  エアコンが故障中で極寒の条件下での話.

> という事です.バスマスタでも固まります.

固まるかどうかはMach-2(p)と本体(とメモリ)の相性も

影響するくらいですから、気温で変化したり、使用して

いるうちに変化したりすることも考えられます。

そういう状況では、固まらなくても転送データが化けて

いる可能性があります。

全領域バスマスタ転送というのは、「なるべくバスマスタ

転送で転送する」という設定です。すべての転送が必ず

バスマスタ転送になるわけではありません。

また、アプリケーション(特にアニメーション再生などの

ストリーミング系のもの)の中には、自動的にソフト転送に

切り替えるものがあります。(S44PLAY.Xもその1つです)

> と思っていたら,中村さんからお返事が届きまして,

> ・GENOCIDE2が動作しているHuman v2は動作保証外.

> ・mach2pの拡張メモリ部は問題が確認されているが,今となっては

>  調べる事が出来ない(0x200000~0xBFFFFFにすれば大丈夫,と

>  いうような説明書きが入っていたような……).

> との事です.

mach2pのメモリ部分のことは私もよくわかりません。

中村さんも既に満開製作所の社員ではなく、超多忙の日々を

送られていますから、あまりいじめないであげてください。

> うーん,これからどうしましょう……

もしも先頭の2MBは問題がないようであれば、K-MID.さん

の方法でなんとかなんとかなる可能性はあります。

ソースリストなど残っていませんか?>K-MID.さん

594. Re^2: 皆さんありがとうございますiga 2001年2月9日(金) 21:48

鎌田さん、こんにちは。

> 固まるかどうかはMach-2(p)と本体(とメモリ)の相性も

> 影響するくらいですから、気温で変化したり、使用して

> いるうちに変化したりすることも考えられます。

> そういう状況では、固まらなくても転送データが化けて

> いる可能性があります。

一時期,ppp.xがアドレスエラーで動かなかったのですが,

FDからコピーし直したらなんとも無く動いたのは……

> 全領域バスマスタ転送というのは、「なるべくバスマスタ

> 転送で転送する」という設定です。すべての転送が必ず

> バスマスタ転送になるわけではありません。

> また、アプリケーション(特にアニメーション再生などの

> ストリーミング系のもの)の中には、自動的にソフト転送に

> 切り替えるものがあります。(S44PLAY.Xもその1つです)

そうだったのですか.具体的には,どうしたらソフト転送が

出来るのですか?

> 中村さんも既に満開製作所の社員ではなく、超多忙の日々を

> 送られていますから、あまりいじめないであげてください。

いじめているつもりは無いのですが……いつまでも代品を

借りるわけにもいかないと思いましたので,出来るだけ早く

解決したかったのですが,私も(ここに書き込みをするほどの

余裕はありますが)忙しいですし,中村さんにも判らない

ような症状で困ったものですし……あせっていました.

気を付けます.

596. Re^3: 皆さんありがとうございますM.Kamada  2001年2月9日(金) 23:29

igaさん、こんにちは。

> 一時期,ppp.xがアドレスエラーで動かなかったのですが,

> FDからコピーし直したらなんとも無く動いたのは……

コピーしたときに壊れたのでしょう。

私もそういう経験があります。

> > また、アプリケーション(特にアニメーション再生などの

> > ストリーミング系のもの)の中には、自動的にソフト転送に

> > 切り替えるものがあります。(S44PLAY.Xもその1つです)

>

> そうだったのですか.具体的には,どうしたらソフト転送が

> 出来るのですか?

SCSI-BIOSは、バスマスタ転送を行うかどうかを転送の

直前に決定します。

SRAMの全領域ソフト転送フラグ($ED0070のbit4)を

セットしてからSCSIコールを呼び出せば、強制的に

ソフト転送にすることができます。

転送が終わったら、SRAMのフラグを元に戻さなければ

いけません。

なお、ストリーミング系のアプリケーションでSCSIを

ソフト転送にする必要があるのは、バスマスタ転送中は

MPUがバスをほとんど使えないため割り込み処理が滞り、

データを正常に再生できなくなるからです。

S44PLAY.Xには-hardというテスト用のスイッチがあって

ソフト転送にせずに動作させることができますが、その

モードではメモリに入り切らないデータを正常に再生する

ことができません。

605. Re^2: 皆さんありがとうございますK-MID. 2001年2月15日(木) 14:47

> ソースリストなど残っていませんか?>K-MID.さん

作った後、LmMach2 という同じことをするフリーソフトの存在を

知って、自作部分は捨てちゃいました(^^;

しかし、基本的には先に書いた通り、ディスクアクセス部を

インターセプトして、本体RAMの転送バッファを経由した

SCSI DMA転送 + CPU 転送で行っただけですので、鎌田さんなら

すぐに対処できると思います。

さらに加えるなら、ソフト転送をできなくすること位でしょうか。

608. Re^3: 皆さんありがとうございますM.Kamada  2001年2月16日(金) 20:56

K-MID.さん、こんにちは。

> 作った後、LmMach2 という同じことをするフリーソフトの存在を

> 知って、自作部分は捨てちゃいました(^^;

> しかし、基本的には先に書いた通り、ディスクアクセス部を

> インターセプトして、本体RAMの転送バッファを経由した

> SCSI DMA転送 + CPU 転送で行っただけですので、鎌田さんなら

> すぐに対処できると思います。

> さらに加えるなら、ソフト転送をできなくすること位でしょうか。

ソフト転送を100%回避するためにはSCSI-BIOS

(SCSI-IOCSよりもさらに下のレベル)を差し替える

必要があるのですが、SCSI-IOCSのレベルでも

通常の使用には問題ないかな。


589. Re: mach2に相性が悪いとは?K-MID. 2001年2月9日(金) 09:53

こんにちは。

私も、Mach2 (Mach2p ではない)で昔、同様の現象になりました。

私の場合、DORS や DCAS で HDD が Hangup していましたので、

Mach2 と IBM系 HDD に共通の相性問題だと思います。

> 060turboはソフト転送を多用しますし、ソフト転送

> が使え

> ないとS44PLAY.Xが動かないので、私はMach-2を外し

> ました。

私も 060Turbo を使用していますが、060Turbo + ハイメモリ + Mach2

の最速環境は捨てられないので、2~3年ほど前、確実に HDD を

Hangup させるプログラムを書き、(元)満開の中村さんに解析して

頂きましたが、IBM以外では問題ないようでした。

060Turbo 側も soft 転送しなければ Hangup することは少なくなる

(全くなくなるわけではなかったと思いますが)のですが、Mach2 や

Highメモリが使えなくなるのが痛いので、プログラムで対処しました。

・本体RAMにバッファを取る

・Mach2 のディスクアクセスは すべてバッファにDMA転送

・バッファから指定メモリへ CPU 転送

これで、060Turbo (+ハイメモリ) + Mach2 + IBM HDD で大分ましに

なりましたが、NetBSD/X68k で激しく HDD アクセスすると

Hang するので、結局、IBM HDD を諦めることにしました。

現在は Mach2 に Fujitsu と Seagate の HDD を繋げていますが、

こちらでは Hang することはありません。

# Seagate の HDD の立ち上がりが遅いという、別の問題はありますが、

# なんとか対処できますし…

今も元気に 家の Mail server として活躍しています。

591. Re^2: mach2に相性が悪いとは?M.Kamada  2001年2月9日(金) 17:50

K-MID.さん、こんにちは。

> 私も、Mach2 (Mach2p ではない)で昔、同様の現象になりました。

> 私の場合、DORS や DCAS で HDD が Hangup していましたので、

> Mach2 と IBM系 HDD に共通の相性問題だと思います。

DORSはSCSI-2/SCSI-3対応ですよね。

SCSI-2のDSASもダメだったのを思い出しました。

UltraSCSIに限らず、Mach-2(p)を使っている人はIBMのHDDを

増設することは避けたほうがよいかも知れません。

> 060Turbo 側も soft 転送しなければ Hangup することは少なくなる

> (全くなくなるわけではなかったと思いますが)のですが、Mach2 や

> Highメモリが使えなくなるのが痛いので、プログラムで対処しました。

>

> ・本体RAMにバッファを取る

> ・Mach2 のディスクアクセスは すべてバッファにDMA転送

> ・バッファから指定メモリへ CPU 転送

>

> これで、060Turbo (+ハイメモリ) + Mach2 + IBM HDD で大分ましに

そう、これをやれば、igaさんの環境でも動くようになる

可能性があります。

060turboの場合はデバイスドライバのレベルの転送は

060turbo.sysがもともと持っている機能である程度

カバーできます。

(でもやっぱりS44PLAY.Xは動かないけど)


584. mach2に相性が悪いとは?iga 2001年2月9日(金) 00:44

鎌田さん,初めまして.igaと申します.

鎌田さんの日記や掲示板に出ているようですが,

「mach2と相性が悪いUltraSCSIのHDD」

とはどんなものでしょうか?症状を教えて頂けませんか?

というのも,mach2pとIBM DDRS-34560Uを使っているのですが,

原因不明のハングアップに悩まされているからです(FSHARPに

書いてあります).

中村(兄)さんからmach2pの代品を送って頂いたのですが,

GENOCIDE2ではハングアップしなくなったものの,lx.rでは

相変わらずです.今のところ,拡張メモリを使わないと

ハングアップしなくなるようですが,2MBは苦しいです.

よろしくお願いします.

585. Re: mach2に相性が悪いとは?M.Kamada  2001年2月9日(金) 04:16

igaさん、はじめまして。

> 鎌田さんの日記や掲示板に出ているようですが,

> 「mach2と相性が悪いUltraSCSIのHDD」

> とはどんなものでしょうか?症状を教えて頂けませんか?

機種はIBMのUltrastar 2ESシリーズのDCAS-32160です。

Mach-2を久しく使っていないので細かい状況までは覚えて

いませんが、

 ・起動できない

 ・Mach-2のメニューでSCSI機器の一覧を表示できない

 ・アクセス中に固まる

 ・転送データが化ける

などでした。

起動時だけの問題ならば強引に回避できるのですが、

転送が信用できないことにはどうしようもありません。

他にもIBMのUltrastar 18ESシリーズのDNES-309170でも

同様の症状が出ると報告されています。

> というのも,mach2pとIBM DDRS-34560Uを使っているのですが,

> 原因不明のハングアップに悩まされているからです(FSHARPに

> 書いてあります).

DDRS-34560はIBMのUltrastar 9ESシリーズですね。

> 中村(兄)さんからmach2pの代品を送って頂いたのですが,

> GENOCIDE2ではハングアップしなくなったものの,lx.rでは

> 相変わらずです.今のところ,拡張メモリを使わないと

> ハングアップしなくなるようですが,2MBは苦しいです.

拡張メモリの領域はバスマスタ転送になっていますか?

なっていなければ、ハードディスクの電源を切った状態で

mach2pのメニューを出してメモリ自己診断をしてください。

拡張メモリがバスマスタ転送にならなければ諦めたほうが

よいと思います。(ドライバを作って先頭の2MBを媒介して

転送するようにすればなんとかなる可能性はありますが)

IBMのUltraSCSIのハードディスクは、Mach-2(p)の特に

ソフト転送と相性が悪いようです。

(本体のSCSIインタフェイスならばソフト転送でも動くので、

非同期転送が使えないドライブというわけではありません)

060turboはソフト転送を多用しますし、ソフト転送が使え

ないとS44PLAY.Xが動かないので、私はMach-2を外しました。


581. 先ほどの話の追記LeDA 2001年2月8日(木) 09:28

書き忘れてましたが、IDE-SCSI変換ボードは

全てのSCSIコマンドを変換出来るわけではないので、

SCSIコマンドを駆使して作られたソフトでは

動かない可能性があります。

特に、マルチイニシエーターは考慮されてないので、

TNB製作所製のCODIYなどはダメと思われます(未確認)。

まあ、一般的なHDDを動かすだけのコマンドなら通りますが。

それと、GOVERHDを書けた後なら、SUSIEを使わなくても

Humanから直接アクセスできます。

もう少し知りたければ、拙作のFAT32ツールのドキュメントも

参考にしてください。


580. 大容量HDD on X68LeDA 2001年2月8日(木) 09:23

日記にあった「大容量HDDをX68につなげるか?」ですが、

IDEを直接つなぐことは出来ませんが、市販の20G/30G-SCSI

HDDはつながりますし、起動ディスクにもなります。

このようなドライブは、HDDそのものはIDEで、IDE-SCSI変換ボード

と言うものが載っていて、これでSCSI機器に見えるようになって

います。この変換ボードはメーカーごとに異なり、私の知る限り、

世間に3種類ありますが、よく使われているものではI/O-DATA製

よりメルコの方が素直で、X68でもすんなりつながります。

(I/OのはMach2pでは大丈夫だが、内蔵SCSIではだめ。)

この変換ボードは(おそらく)容量には関係なく使えるので、

将来のため、このようなドライブを確保=このボードを

確保しておくのが良いかと思われます。

(ボードだけを買うことは、一般のルートでは不可。)

ただし、使える容量は2000M*9パーティションまでで、

GOVERHDで処理しておく必要があります。

Human68KのSCSIの仕様には「トータル16Gまで」と

ありますが、実際にはそれは物理的な1ドライブで、

かつそのパーティションの先頭がその中に収まるという

意味のようです。

ちなみに、拙作のFAT32ツールが完成すれば、30Gを超える

ドライブでも全部使えるようになる・・・はずです(^_^)。

そうそう、IDEの制御コマンドを見る限り、IDEを直接つなぐこと

も不可能じゃないとは思うのですが、X68ではどこからそのポート

を取るかが問題でしょう。

追記:

ちょっとだけ値段の話をしておきましょうか。

外付け30G-SCSIが仮に25000円だとすると、

その値段は「安い」といえます。

30G-IDE+変換ボード+電源+筐体ですが、30G-IDEドライブの

値段は調べてもらうとして、変換ボードは結構高いものなのです。

582. Re: 大容量HDD on X68M.Kamada  2001年2月8日(木) 18:01

LeDAさん、こんにちは。

大容量ハードディスクの解説ありがとうございます。

> このようなドライブは、HDDそのものはIDEで、IDE-SCSI変換ボード

> と言うものが載っていて、これでSCSI機器に見えるようになって

> います。この変換ボードはメーカーごとに異なり、私の知る限り、

> 世間に3種類ありますが、よく使われているものではI/O-DATA製

> よりメルコの方が素直で、X68でもすんなりつながります。

> (I/OのはMach2pでは大丈夫だが、内蔵SCSIではだめ。)

IDEtoSCSI変換ボードにはあまりよい印象をもっていない

のですが、ものにもよるのでしょうね。

普通のUltraSCSIでもMach-2と相性の悪いものがあったり

するので、具体的にどのドライブなら絶対に使えるのかが

わからないと、手を出しにくいところです。

IDEtoSCSIの仕様を含めた細かいスペックが公開されている

外付けドライブがあるとよいのですが。

また、現実問題として、パーティションの容量を大きく

できなければ、いずれドライブ名が足りなります。

大容量ドライブに対応したドライバが必要です。

583. Re: 大容量HDD on X68M.Suzuki 2001年2月8日(木) 23:22

こんばんわ。M.Suzukiです。

> そうそう、IDEの制御コマンドを見る限り、IDEを直接つなぐこと

> も不可能じゃないとは思うのですが、X68ではどこからそのポート

> を取るかが問題でしょう。

これは前々から考えてました(笑)

実際問題、X68kではDMAを使う意味は無いので、CPU転送になると思います。

そうすると数える程のI/Oを接続できれば制御できる可能性が有りますね。

電気的特性を合わせればSASIポートとか使って接続できないかな・・・

586. Re^2: 大容量HDD on X68LeDA 2001年2月9日(金) 09:22

> IDEtoSCSIの仕様を含めた細かいスペックが公開されている

> 外付けドライブがあるとよいのですが。

これは・・・機密保持契約書を結ばないと仕様書はくれない

とは思います。私は仕事柄見てますが。

> また、現実問題として、パーティションの容量を大きく

> できなければ、いずれドライブ名が足りなります。

> 大容量ドライブに対応したドライバが必要です。

そうですね。

次の次の公開時のFAT32ツールではソース(の一部)を公開出来る

かもしれません。そのときはドライバー化、お願いします(^_^;)。

587. Re^2: 大容量HDD on X68LeDA 2001年2月9日(金) 09:26

> そうすると数える程のI/Oを接続できれば制御できる可能性が有りますね。

> 電気的特性を合わせればSASIポートとか使って接続できないかな・・・

今手元に仕様書がないので具体的なことはわかりませんが、

可能かも知れません。しかしそうなるとSASI機種限定となるのが

つらいところ。あっ、SCSI機種でもSASI用ポートからアクセス

すればいけるのかな?

588. Re^2: 大容量HDD on X68LeDA 2001年2月9日(金) 09:36

> するので、具体的にどのドライブなら絶対に使えるのかが

> わからないと、手を出しにくいところです。

私の知る限り、メルコの変換ボードに対しては、

   カンタム LCT-15/20の30G

   富士通  型番忘れた(最近の)30G

のIDE-HDDは問題ありません。READ/WRITE/SEEK/READCAPだけの

テストですが、4日間連続テストにも耐えています。

この組み合わせでの市販外付けドライブがあるかどうかは

わかりませんが。

(と言うことは、当然自作したということ。)

590. Re^3: 大容量HDD on X68M.Kamada  2001年2月9日(金) 17:22

LeDAさん、こんにちは。

> > IDEtoSCSIの仕様を含めた細かいスペックが公開されている

> > 外付けドライブがあるとよいのですが。

>

> これは・・・機密保持契約書を結ばないと仕様書はくれない

> とは思います。私は仕事柄見てますが。

あ、やっぱり。

> > また、現実問題として、パーティションの容量を大きく

> > できなければ、いずれドライブ名が足りなります。

> > 大容量ドライブに対応したドライバが必要です。

>

> そうですね。

> 次の次の公開時のFAT32ツールではソース(の一部)を公開出来る

> かもしれません。そのときはドライバー化、お願いします(^_^;)。

にゅ。体力に余裕のあるときに…。

(今はいっぱいいっぱいなの)


577. 1GB SCSIHDはんかつ 2001年2月7日(水) 00:44

イケショップの通販で1G SCSIHDを見つけました。(MAC互換機の所)

今買わないともう無いかもしれないので早速注文しました。

579. Re: 1GB SCSIHDM.Kamada  2001年2月7日(水) 20:36

はんかつさん、こんにちは。

> イケショップの通販で1G SCSIHDを見つけました。(MAC互換機の所)

> 今買わないともう無いかもしれないので早速注文しました。

X68000にそのまま使える(と思われる)ハードディスクは

貴重ですよね。


576. パソコンの誤ダイヤルM.Suzuki 2001年2月6日(火) 23:15

かつて電話系の仕事をしてたのですが、その時の経験から。

ダイヤルパルスには、10ppsと20ppsの2つが有って、信号がhighとlowの比率が決まってます。(もちろん信号時間もです)

で、ダイヤルパルスの場合、10ppsの場合でhigh状態が30ms程度、low状態が70ms程度、

20ppsだとhigh状態が15ms程度、low状態が30ms程度となっているので、

リアルタイムでないOSでソフト生成するのは信頼性に問題有るでしょうね。

番号の頭は大抵0なので、0はたしか10パルス出してたはず(うろ覚え)。

10パルスだと (15+30)×10 = 450ms。

Winのプリエンプション粒度は知らないけど、この期間にぶつかる可能性は結構高いのかも。

ここで、ミニマムポーズ(ダイヤルパルス間の最低時間)である450ms(20pps時)を越えると、

2つのダイヤル番号に分離されてしまったりします。

なんか長くなりましたけど、非リアルタイムOSで制限時間の存在するハードを使用する場合は、

常にこの危険が有ると言うのは覚えておいた方が良いかも知れませんね。

578. Re: パソコンの誤ダイヤルM.Kamada  2001年2月7日(水) 02:33

M.Suzukiさん、こんにちは。

パルス方式の解説ありがとうございます。

> 20ppsだとhigh状態が15ms程度、low状態が30ms程度となっているので、

> リアルタイムでないOSでソフト生成するのは信頼性に問題有るでしょうね。

私はミリ秒単位と聞くとかなり長いと感じてしまうのですが、

そうでもないかな。

そもそも何故そんな信用できない方法でタイミングを

管理しているのか謎ですが。

> 番号の頭は大抵0なので、0はたしか10パルス出してたはず(うろ覚え)。

昔の黒電話は、指で回したダイヤルが一定の速度で元に

戻るときにパルスを作るような仕掛けになっていました。

あの仕掛けを考えた人は頭いいと思います。

数字が1,2,…,9,0の順番に並んでいたので、0は10回ですね。

> なんか長くなりましたけど、非リアルタイムOSで制限時間の存在するハードを使用する場合は、

> 常にこの危険が有ると言うのは覚えておいた方が良いかも知れませんね。

周辺機器とかドライバを作る人は当然知っているはずですよね。

それをユーザが意識しなければいけないという状況は

かなり異常だと思います。

非リアルタイムなのにプロテクションができていなくて

簡単にハングアップするマルチタスクOSっていったい…。


573. Human68KのVERIFYLeDA 2001年2月5日(月) 13:53

ここで聞くのも何かもしれませんが・・・

Human68KでVERIFYをONにしたときは、DOSコールレベル

(ということはfwrite()やfputs()も)で

書き込みを行っても勝手にVERIFYされるもんなのでしょうか。

それともCOMMAND.Xレベル(COPYコマンド)だけ?

もしDOSコールレベルなら、今まで作ったツールの中で

自前でVERIFYG()使ってフラグ読んでVERIFY処理していたものが

軒並み無用になるので。

これで処理速度2倍!

例のもの作成中の疑問でした。

574. Re: Human68KのVERIFYM.Kamada  2001年2月5日(月) 17:25

LeDAさん、こんにちは。

> Human68KでVERIFYをONにしたときは、DOSコールレベル

> (ということはfwrite()やfputs()も)で

> 書き込みを行っても勝手にVERIFYされるもんなのでしょうか。

> それともCOMMAND.Xレベル(COPYコマンド)だけ?

COMMAND.XのVERIFYコマンドは、DOSコールのVERIFY()

を使ってHuman68kのverifyのモードを設定しています。

ですから、DOSコールレベルの書き込みに有効です。

Cのfwrite()やfputs()だけでなく、DOSコールのDISKWRT()

などでもverifyします。

Human68kのverifyのモードについて少し解説します。

verifyのモードは、アドレス$1C10の1ワードにあります。

(0=OFF、0以外=ON)

CONFIG.SYSのVERIFY=ONと、DOSコールのVERIFY(1)は、

どちらでも、verifyのモードが1に設定されます。

Human68kは、ブロックデバイスドライバおよび特殊デバイス

ドライバを書き込みコマンドで呼び出すときに、verifyの

モードが0でなければ、verifyありのコマンドを使用します。

(ブロックデバイスならばコマンド$08→$09、

特殊デバイスならばコマンド番号のbit7をセット)

実際にverifyの作業(書き込んだデータを読み出して比較する)

を行うのはデバイスドライバです。

060turbo.sysの内蔵のRAMディスクドライバのように、

verifyありのコマンドでverifyしないドライバもあります。

(RAMディスクのverifyはほとんど無意味です)

verifyのモードのデフォルトはOFFです。

575. Re^2: Human68KのVERIFYLeDA 2001年2月5日(月) 18:13

丁寧な解説ありがとうございます。

これでファイルコピー周りで結構面倒だった

処理をさっぱりはずせます。

もっとも、FAT32の書き込みはOS経由ではないので

自前ですが、FAT32→FAT16/12でのFAT16/12側の処理は

OS任せなので。


571. 遅れ馳せながら・・・VFC-LINK 2001年2月4日(日) 00:15

リンク集へ追加されたことにより、かなりの数の皆様に訪問いただきました。ありがとうございます。

結果的に1ヶ月間のアクセスカウント集計では過去2番目の上昇数になっておりました。

X68系のページはロクな扱いになってませんが、下らない話を読みたくなりましたらまた足を運んでくださいまし。

でわでわ、おじゃまいたしましたぴょ(^^;

572. Re: 遅れ馳せながら・・・M.Kamada  2001年2月4日(日) 18:50

VFC-LINKさん、こんにちは。

> リンク集へ追加されたことにより、かなりの数の皆様に訪問いただきました。ありがとうございます。

> 結果的に1ヶ月間のアクセスカウント集計では過去2番目の上昇数になっておりました。

どういたしましてです。

こちらでもVFC-LINKさんのページからのリンクが

カウントされています。ありがとうございます。

> X68系のページはロクな扱いになってませんが、下らない話を読みたくなりましたらまた足を運んでくださいまし。

「あの、素晴らしい  をもう一度」の感想がありますよね。

このゲームのオープニングには、S44PLAY.Xの再生コアが

使われています。


569. palmのMPUはんかつ 2001年2月3日(土) 10:04

かまださん おひさしぶりです。

しばらくROMしておりましたが、呼ばれたような気がして出て来ました。

今のところハンドスプリング社のバイザープラチナとバイザープリズム

以外は、DragonBall-EZなのでX68Kで鍛えたテクニックを発揮できる

箱庭として使えると思われます。

570. Re: palmのMPUM.Kamada  2001年2月3日(土) 15:23

はんかつさん、こんにちは。

> しばらくROMしておりましたが、呼ばれたような気がして出て来ました。

ほほほ。お呼びでございます。

> 今のところハンドスプリング社のバイザープラチナとバイザープリズム

> 以外は、DragonBall-EZなのでX68Kで鍛えたテクニックを発揮できる

> 箱庭として使えると思われます。

ColdFireではなくてDragonBall-EZを搭載しているPalmなら

68EC000コアなので大丈夫ですね。

フォローありがとうございます。


567. 「3 7 7 9」問題にも参戦!M.Hayashi  2001年1月29日(月) 23:43

鎌田さん、こんばんは&ただいまです。

スノボーは、大雪で交通マヒのため到着が12時間ほどおくれてしまい

結局滑ったのは2時間ほどでした。がっくし(><)

逆ポーランド記法の解説ありがとうございました。

昔のOh!Xでも取り上げられていた記憶があるのですが、

ちゃんと理解してなかったので・・。やっと分かりました。

新しい「3 7 7 9」問題ですが、

10 だけじゃなくて 1~30 を作るという設定がおもしろいです。

さっそくトライしました。

できるだけ数字の合体を使わない方向でトライしましたが

10, 16, 21, 25 だけは数字の合体を使用しないと無理でした。

この問題を解くプログラムってどんな感じのものなのか

想像つかないです。逆ポーランド記法を使うんでしょうか?

568. Re: 「3 7 7 9」問題にも参戦!M.Kamada  2001年1月30日(火) 02:35

M.Hayashiさん、こんばんは&おかえりなさいです。

> スノボーは、大雪で交通マヒのため到着が12時間ほどおくれてしまい

> 結局滑ったのは2時間ほどでした。がっくし(><)

それは大変&残念でしたね。雪、降り過ぎ。

> 逆ポーランド記法の解説ありがとうございました。

> 昔のOh!Xでも取り上げられていた記憶があるのですが、

> ちゃんと理解してなかったので・・。やっと分かりました。

どういたしまして。

逆ポーランド記法はコンピュータで数式を扱う処理系を作る

ときに必ずといってよいほどよく出てくるものです。

(と言いつつKT.xのcalcでは使っていなかったりしますが)

> 新しい「3 7 7 9」問題ですが、

> 10 だけじゃなくて 1~30 を作るという設定がおもしろいです。

1つで30倍楽しめるのではないかと。(笑)

30までにしたのは、「3,7,7,9では31ができなかった」という

それだけの理由だったりします。

> さっそくトライしました。

> できるだけ数字の合体を使わない方向でトライしましたが

> 10, 16, 21, 25 だけは数字の合体を使用しないと無理でした。

お見事。

その4つだけ、数字を合体させないとできません。

> この問題を解くプログラムってどんな感じのものなのか

> 想像つかないです。逆ポーランド記法を使うんでしょうか?

この問題は規模が小さいので、わりと安直な方法で解けます。

数字をa,b,c,d、演算子をX,Y,Zとすると、この問題の式は

次の5つのパターンに分類できます。(右側は逆ポーランド記法)

 ((a X b) Y c) Z d … a b X c Y d Z

 (a X b) Z (c Y d) … a b X c d Y Z

 (a Y (b X c)) Z d … a b c X Y d Z

 a Z ((b X c) Y d) … a b c X d Y Z

 a Z (b Y (c X d)) … a b c d X Y Z

ここまでわかればあとは数字と演算子をあらゆる組み合わせで

数式に埋め込んで計算して答えに合う数式を見つけるだけです。

数字の合体も演算子として扱いますが、置ける場所が限られる

ので注意が必要です。

同一解の排除をまじめにやろうとすると面倒なことになります。


562. リンクしてくださって、ありがとうございますはぐれこかとりす  2001年1月29日(月) 05:51

本人は、(あせりながら)感激、感謝状態です。

報告:

 その1.ご指摘の件、修正しました。

 その2.(一応な)バナーを作成しておきました。

     パスは、

<http://www.h3.dion.ne.jp/~haghag/cg/banner.gif>

です。

563. Re: リンクしてくださって、ありがとうございますM.Kamada  2001年1月29日(月) 06:41

はぐれこかとりすさん、こんにちは。

> 本人は、(あせりながら)感激、感謝状態です。

どういたしましてです。

ホームページの作成、がんばってください。

>  その2.(一応な)バナーを作成しておきました。

http://www.h3.dion.ne.jp/~haghag/cg/banner.gif

ですね。リンク集に貼り付けておきました。

(この掲示板の自動リンク機能はあまり賢くないらしい)

← 前のページ | 1 | 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 | 28 | 次のページ →